知りたい、ドル円って何?

FXクロス円取引の特徴・選び方などについて、詳しく解説


FXを知るには先ずドル円の知識から

全くFXを知らない方は、ドル円から始めましょう。

日本人にとって最も身近な米ドルは、基軸通貨でもあります。
つまり世界経済の中心を担う通貨です。

初心者の方にオススメできる一番の理由は、流動性の高さにあります。

売り買いが活発に行われているため、1日の値動きが大きいのが特徴です。
トレードをする中で、流動性が低いと売買すらできないことがあります。

しかし米ドルは仮に誤った判断をしても、すぐに回復する見込みがあります。
なのでトレード感覚をつかめていない初心者でも、参加しやすいのです。

スプレッドが最小なのもドル円の特徴です。
スプレッドとは売買手数料のことです。

全ての通貨ペアでは2WAYプライス方式が採用されています。
注文を出すさいは2つの為替レートが表示され、「買い」と「売り」では価格が異なるのです。
その「買い」と「売り」の価格差が最も小さいのがドル円です。
スプレッドが小さいのは流動性が高く取引量が大きいからです。
数でこなすため、小さなスプレッドでもFX会社は採算がとれるのです。

 

ユーロの小銭の山



また情報量の豊富さでも米ドルがNo.1です。

FXに限らず投資をするさいは、日々勉強をしなければなりません。
特にファンダメンタルズ分析では、新しい情報を収集するクセをつけておきましょう。

ファンダメンタルズ分析とは要人発言や経済指標を基に為替変動を予測します。サプライズ要素があり、ダマシが多いのが特徴です。
日々の生活の中でもアメリカに関するニュースはよく報道されていますよね。
為替に関するコーナーでも一番に発表されるのは、ドル円レートです。
情報量が多いため、ダマシが起きても被害が出にくいのがドル円です。

さらに戦略を立て直しやすいのもドル円のメリットです。

流動性が大きいためダマシが起きてもすぐに持ち直してくれます。
その理由は取引量が最も大きからです。

ドル円はFXだけでなくビジネスでも使われています。
基軸通貨であるため、あらゆるシーンで利用されるのは当然とも言えます。
世界の中心となる通貨であるため、常に適正な価格を維持しています。
適正な価格で取引量も多いため、いろんな戦略を試すことができます。

例えば大きな取引単位で小さな値幅を狙うこともできれば、逆に小さな取引単位で大きな値幅を狙うこともできます。

専門用語を使えば、大lotで小pips、小lotで大pipsのどちらの戦略でも利益が狙えます。

初心者の内はご自身の戦略が確立していないでしょうから、ぜひいろんなトレード手法を試してみてくださいね。

Posted in FXで稼ぐ